ワーホリでは看護師として働けるのか

ワーキングホリデーで看護師の仕事はできる?

看護師の資格を活かして海外で働きながら暮らしてみたい・・・そう思ったことはありますか?介護ボランティアなどはよくありますが、看護師職のワーキングホリデーはあまり聞いたことがありません。しかし、ワーホリをサポートする企業の中では、海外での看護師資格の取得を目的として語学勉強などをし、その間に看護助手として働くプログラムがあったりします。

看護師として働く許可(免許)は、世界各国就労条件が違います。免許を取得した国以外で看護師として働くことはできません。ボランティア活動の一環で災害地に派遣され、医療団体の一員として医療行為中心に働くことはできますが、日本の看護師免許ではどこの国でも個人の看護師として働くことはできません。しかし、医療行為以外の看護(食事・シャワー・トイレなど)を中心とした仕事で働くこと(有給)が可能です。働き口としては、病院や老人ホームなど。エージェントを通して行う方が大半ですが、現地で自力で活動先を探す人もいるようです。

ワーホリですので、期間は短く、みっちり勉強して資格を取るというより、海外の医療現場を体験したい人が行ったり、永住権取得の為の第一歩としてお試しのようなカンジかもしれません。人気国としては、オーストラリア・ニュージーランド・イギリスなどで、これは、各国で新たに看護師免許取得の際に、日本の看護師免許が優遇される為、その国で資格取得予定のある方達が多く行っていると思われます。

ちなみに、イギリスの看護師資格は国際資格という幅があり、ニュージーランド・オーストラリア・一部を除くEU諸国での医療活動が可能に。オーストラリアの看護師免許所持者は永住権制度の優遇があります。