看護師の部署異動はキツい

看護師の頑張りどころ?勤務先の部署異動

常に人手不足で大変な看護師の仕事ですが、そんな中、臨床のお仕事とは別に大変苦労あるのが部署異動ではないでしょうか。大きな病院などは異動も頻繁といいます。看護師になりたてなら2年間隔くらいの部署異動は、また新たな現場で経験が積めることで勉強になる側面があるため、プラスのイメージでワクワクすることもあるようですが、キャリアをある程度積んで、自分の希望部署や得意分野を開拓された方にとっては異動はできればしたくないという方向に思いが強いはず。

異動は希望を出せる場合もありますし、勤める病院にもよりますが、病棟から外来へ、別病棟へ異動、小児科から外科へ、など異動も様々です。仕事内容が大きく異なり、今までやってきたことが全く生かせないこともあるとか。同じ病院に看護師として勤めていても、仕事内容は所属場所によって全く違います。前の部署で普通にやっていたことが、新たに配属した部署では「下手だ」と言われたり。丁寧にやるべきだと思っていた作業に対して「余計な事」と言われたり・・・。長年看護師をやっている人でも、本当は看護師の仕事は向いていなかったのではないかと考えてしまうようなこともあるようです。また、患者さんの様子や関わり方といった人間関係にも大きな差があるようで、異動の際に大きな悩みとなることもあるようです。

慣れない環境で働きながら、新たに配属した部署の専門の病気や看護などを勉強する必要もあります。仕事と人間関係と勉強で皆さんヘトヘトになってしまうようです。

看護師同士の人間関係にも悩みは多いようです。新たなチームワークに溶け込んで仕事をできるようになるまでには、慣れない分、体力的にも精神的にもツライものです。看護師の世界にはイジメがかなりあるようで、厚生労働省はそれらを認知し対策する程で、これはイジメが原因で仕事を続けられなくなり看護師職を辞めてしまう方もいるからです。イジメではなくてもキツイ人、感じの悪い人など自分には合わない人が先輩や上司の場合、仕事が気持ちよくできない、はかどらないなど業務に支障をきたす場合もあります。

看護師の仕事は全国どこの病院でも人手不足で、就職難はあり得ません。その為か、自分に仕事環境が合わないという理由で、働く病院を変える方も少なくないようです。