看護師復職支援は手厚い

ナースの復職支援は他職と比べ手厚いサポート

どんな仕事でも復職は本来とても難しいものです。ですが、看護師の仕事は本人にまた働く意欲があればそれだけでほとんど大丈夫!と言っていいくらい、復職は簡単にできます。復職に関する支援も各医院・個人・団体・各自治体様々なところで行っています。そして、ほとんどは無料で行われています。なぜここまで手厚いのか?これは、医療需要に対して、看護師不足が常にあるからです。そして、看護師免許は国家資格であり、一度取得すれば生涯有効免許だからです。

何かしらの理由で看護師を辞めている人達のことを厚生労働省では潜在看護職員と呼んでいて、潜在看護職員復職研修事業というものを立ち上げています。対象者は保健師・助産師・看護師又は准看護士取得者のうち看護職として就業していない人。事業目的は再就業に向けた臨床実務研修を行い現役を増やすというもの。これに沿って、一定の期間のセミナーと就職をセットで行っている病院も沢山あります。

出産や子育てでブランクが10年近い方だと、一番心配なのは昔より進化した医療技術と医療機器の取り扱いでしょうか。できないから、取り扱えないから就職できないのでは・・・と躊躇してしまうのかも。復職支援を行うセミナーには必ず最新医療技術と機器の取り扱いが行われていますので安心してください。また、家族を持ったりして、独身時代の様にはフルタイムで働けないことがネックになっている方も多いようです。最近では行政の働きで、パートとして十分に看護師として働ける病院が増えています。

復帰してすぐパーフェクトに仕事を進めていけるはずありません。経験者ということで周りの目は新人を扱うより厳しいかもしれません。ご自分でもできると思っていたことができなくなっているかもしれません。ですが、簡単に落ち込まないでください。ちょっとした知識と経験を持って、また振り出しに戻ったと思えば良いのかと思います。「また看護師として働いていくんだ」という前向きな気持ちは、新たな知識や経験を吸収する活力になることでしょう。