保健師になる為の看護師との違い

保健師になるには?看護師との違い

保健師になるには看護師の資格を取得した後、1年以上の保健師養成を受け、新たに保健師試験に合格するか、4年制の大学で両方の受験資格を得て受験し合格する必要があります。仕事の内容は看護師とは全く違い、予防を中心とした指導が主な役割でデスクワークの多い仕事でもあります。

公務員採用試験に合格すれば、各自治体で働くことになり地域住民対象というかなり広い範囲での仕事をします。窓口業務では健康相談の仕事など直接住民と関わり合うこともあります。また、公立の保育園や学校などに配属する場合もあります。保育園の場合は保育士のような仕事も時にあるかもしれません。配属先によっては事務処理などのデスクワークがほとんどで、保健師らしい活動ができない方もいるようです。他の就業先としては保健所や保健センターなどの行政機関。

産業保健師として企業、病院、学校、老人ホームでの勤務の道もあります。こちらは公務員保健師とは違い、個人向け指導の役割が大きいようです。看護師とは違い、保健師としての就職はかなり狭き門のようです。また、保健師を配置する会社は大企業が多い為、それなりにお給料も良く、土日祝日は休み、残業なしなど好条件であることも人気の理由のようです。

ほとんどの人が公務員として働き、重労働ではないため、定年まで働き続ける人が多い保健師の仕事。資格上、保健師を辞めて看護師として働くこともできますが、実際にはあまりいないと思われます。ただ、配偶者の転勤などで一つの自治体に留まることができず、保健師資格を保有しながらも看護師として働く女性は多くいるようです。