ナースの主な業務内容とは

ナースの主な業務内容とは?

いつも忙しく働く看護師さん。業務としてはいったいどんな内容のことをしているのでしょうか。病棟・外来・救急外来・クリニックなど勤務する場所によっても違いがあるようです。

外来は主に窓口的な役割が多いようで、医師の診療介助・症状の聞き取り・診察順の操作・クレーム処理など、電話対応・入院や検査案内・事務処理的な業務など。処置室専門に看護師が配置されている病院の場合は、採血や点滴、その他の医療処置は処置室配属の看護師が行います。その為、患者さんに医療処置を全く行わない外来ナースもいるそうで、ナースとしてのスキルを磨きたい人にとってはツライ現場のようですが、一般的に新卒や独身者・若い看護師などの配属は病棟、パートやベテラン看護師は外来になりやすいようです。

病棟では、カンファレンス(申し送り)・バイタルサインの測定・点滴、注射、剃毛、浣腸、投薬、ガーゼ交換などの医療処置・血液や尿検査・患者の清潔保持保清・手術や検査で異動する患者の移送・薬の配布・ナースコールの対応・患者への精神的支援・記録やカルテ整理・退院患者の薬などの確認・入院初日の患者の問診・食事やリハビリの介助・機器のチェック・見回りなど、外来に比べ行う業務の多さが際立ちますが、時間の流れるスピードが違うので淡々と行っていけるそうです。

ケアワーカーなどの介護福祉士のような医療介護・介助専門の職業がなかった時代は、病棟では看護師さんがほとんどの仕事をやっていたということですが、現在では看護師以外の資格者が行うことのできる看護介助が増え、看護師にも多少仕事に余裕が出てきたようです。とは言ってもやはり忙しさは変わらないようで、一日の業務はあっと言う間に終わってしまうそうです。