オーストラリアが看護師資格取得に人気

海外で看護師資格を取得!オーストラリアが人気のワケ

海外旅行先で常に人気のオーストラリアですが、海外で働きたい看護師達にも人気の国です。看護師として働く国としてオーストラリアが選ばれるのには、どういった理由があるのでしょうか?

オーストラリアは外国人看護師の受け入れに積極的な国です。看護師試験は免除で日本での看護師免許を持っていれば、登録制度によって看護師資格が発給されます。(大卒という学歴とかなり高いレベルの語学力が求められ、医療従事者の英語試験に合格するという条件があります)また、移民大国ということもあり、他の国に比べ受け入れ体制が整っている・情報が多いのが現状です。ある、海外向けのナース就職紹介エージェントではほぼ100%の就職率の実績を上げている例もあります。

看護留学による受け入れ。Conversion Course(学士号コース)といって日本で看護師資格を取得し臨床経験のある看護師は看護学部の3年(オーストラリアの大学は通常3年制)に編入ができる制度があります。学士号を取得すれば、通った大学のある州に正看護師として登録できます。1年間という短い期間で大学卒業資格と看護師資格が取得できるということで人気のようです。

永住権制度の優遇。オーストラリアの正看護師は永住権査定の優遇があります。海外で生活したい人にとってはかなり大きいポイントで、永住権取得が大きな目標でその過程で看護師免許という方もおられます。

オーストラリアはワーホリ先としても人気の国で、その流れで正看護師を目指す方も多いようです。ワーホリ中も看護師資格所持者であれば、看護助手として働くことができます。医療機関も他の国に比べ正看護師の就職は難しくないと言います。