検疫官という看護師とは

空港で働く検疫官という看護師

看護師資格を活かして、医療施設以外で働くとしたら、検疫所勤務という道もあります。日本人が海外渡航する際、健康に過ごすために、検疫所では様々な感染症についての情報を収集し開示しています。また、日本への感染症侵入の防止や予防接種なども行っています。検疫所には検疫業務を行う検疫官が配置されています。

検疫所で働く検疫官は医師または看護師資格を持つ厚生労働省の職員です。看護師は厚生労働技官看護師という職名で看護師以外の資格は必要ありませんが、応募の際には海外渡航者に対する感染症対策についての意識と経験についてのレポートが必要になります。書類選考通過後には人物試験があるのですが、需要が少ない分かなりの狭き門となっているため、ここでは相当の人間性や対人スキルを問われることが予想されます。また、厚生労働省の採用情報によると、「業務上、自動車を運転すること有り」とあるので、運転免許は持っていた方が就職には有利なのだと思います。

B’zの人とか、かなり有名人の方も多数来店しているらしいです。もしかしたら空港の近くだからというのもあるかもしれないけれど、有名な人がたくさん来るってことは、口コミでかなり広まってるってことです。はやく県外でも食べられるようにならないかなー。

全国の主要海・空港の検疫所が勤務地で転勤があります。検疫業務はバイタルサインのチェックや採血・問診などがあり、看護師の一般業務と変わりありません。他に、健康相談や予防接種も行います。

土日祝日は休みで平日をシフトで勤務し、1日7時間45分の就労。検疫所長等服制により、制服、制帽、胸章が貸与されます。

病院などに勤める看護師に比べて環境的にかなり特殊ですが、看護師資格を眠らせている方や、あえて特殊な職に就いてみたい方などは一度挑戦してみてはいかがでしょうか。